演奏を聴いてくれた方に「上手いね!」と言われるよりも「良かった!」が最大の賛辞だと思います。

「いいね」と言わる演奏を目指しましょう♪


演奏で大切なこと…?

最近いろいろな方の演奏を聴く機会が増えてきて、その都度思うことがあります。


歌心…


リスナーの側からすると、演奏している曲がテクニック的に難しいとか、易しいだとか、楽譜通りだとか、ちょっと間違えたとか…
ってあんまり関係ありませんよね。

理屈や理論などではなくて、その演奏が好きかどうか…
ではないでしょうか?


それはオカリナの世界だけではありません。

好きだなぁ…と思えばファンになったり、気になるからフォローしたり…。

 

 


そこに大切なetc.........

 

 


最も大切なのは、『歌心…表現力』です。


実はこれを忘れがちなように感じます。

 

 


では、どうすれば『歌心…表現力』を備えられるのか。


一言で、センス(適正)…と言えないこともないのですが、やはり努力は裏切りません。
意識とトレーニングが大切です。


ポイントは、楽譜から離れることです。


〇「二兎追うものは一兎も得ず」…ではないですが、人はそんなに器用ではありません。
楽譜を見て吹くことに満足してしまって、表現することよりも楽譜を見ながら吹くことに満足して、結局は音の響きや表現力、楽譜を読むスキル、すべてが中途半端になってしまいます。

楽譜を見ると演奏する音を目で確認できるので安心ですよね。
けれど、「二兎追うものは一兎も得ず」だとすると、見た音符を鳴らすだけで、せいぜい出音の質やニュアンスが精いっぱい。
全体でリスナーにアピールできるパフォーマンスを形成することは無理でしょう。

 

じゃあどうすればいいの?

楽譜とは暗譜するまでのお付き合いと割り切りましょう(^^♪

楽譜を記憶してしまえば、すべての感覚を演奏に注ぐことが可能になります。

 

『歌心…表現力』を養うトレーニング


〇 自分のテクニックに背伸びせず、ゆったりとした自分が好きな曲を選んでください。

〇 選択した曲から連想するシチュエーションを自由に設定します。

〇 アカペラのフリーテンポで、連想するシチュエーションに合う音の響きを思い描いてください。

〇 アカペラのフリーテンポで、思い描いた音の響きに近づけるように演奏しましょう。

〇 心(感情)を込めて一音一音を大切に演奏しましょう。


演奏を聴いてくれた方に「上手いね!」と言われるよりも「良かった!」が最大の賛辞だと思います。


「いいね」と言われたいですね♪
 

© 2019 OKINA KOBO

okinakobo.i@gmail.com​