出音の良し悪しは、音出し直前の呼吸で決まります。

演奏を一段階グレードアップする『ブレス』のお話です。

​やると、やらないじゃ大違いかも…

出音の良し悪しは、音出し直前の呼吸で決まります。

前にも書きましたがしっかりした呼吸をするためには、溜まっている息を吐き切らなければなりません。

中途半端に息が残った状態では、吸う前に余分な息を吐き切らなければ、満足な呼吸が行えないのです。


このような状態では、呼吸のプロセスがひとつ増えてしまいます。


ということは演奏にも、遅れやブレス前の音を切るタイミングが早まるなど、マイナスです。

新しい曲の練習を始める前に、まず楽器を持たずに『楽譜読み』をしましょう…と、前に書きました。

曲に慣れて、より良い演奏を考えられる段階になった時、ブレスに絞った新たな『楽譜読み』のタイミングです。


〇 ブレスの目的を整理します。

(1) 次のブレスまでに出てくる、ロングトーンに対応するブレスをとりたいのか?

(2) 次のブレスまでのフレーズの内容に則したブレスをとりたいのか?
   ・低音~中音域のフレーズ中心=必要な息の量は?
   ・中音~高音域のフレーズ中心=必要な息の量は?

(3) 次のブレスまでの間隔が短い箇所でのブレスなのか?


他にも自分で想定した課題があれば、それに対応するブレスの深さや速度、量…などを意識してみましょう。


その時のポイントは、『息を使いきるブレス』です。

課題に対応できて、かつ、使い切るブレス。

 


難しいですか?

言葉にすると、そうですね(-_-;

ちょっと難解?!ですね。


けれど、とても大切なポイントなのです。


出音の良し悪しは、音出し直前の呼吸で決まる。


意識してみてください。


きっと演奏に余裕が生まれて、「のびやか」なものになりますよ♪

© 2019 OKINA KOBO

okinakobo.i@gmail.com​